apclo-inc

株式会社アプクロの公式ホームページです。弊社は情報通信事業を主にセールプロモーション事業、営業コンサルティング事業、コールセンター事業を手掛けています。お客様目線に立った営業活動で人と商品を繋ぎ、これからも常に新たな発想を生み出し続けます。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

北海道の中心地として長年繁栄を続ける札幌市ですが、今の状況はどのようなものなのでしょうか。まずは経済面ですが、一時は低迷していたものの、近年は緩やかな上昇傾向にあるようです。一時低迷していたのは、2018年の大地震の影響等といった影響がありましたが、それを乗り越えて最近は経済活動が盛んになりつつあります。特に伸びを見せているのが住宅建築や公共工事の増加等といった面で、これらが好調な経済を支えています。公共の工事の中には、従来型の道路や建造物等といったものの他に、近年急激に増加している外国人観光客が快適に過ごせるような工事が増加しているようです。フリーwifiスポットの増設や、英語や中国語に対応した案内板の設置等、急激に変化していく状況に対応するための工事が今も札幌市の各所で進められています。それに応じて、札幌市圏の有効求人倍数も安定して増加しており、2019年8月現在では、114カ月続けて前年の同月の倍率を上回る安定ぶりを見せます。次に札幌市の地価の状況ですが、2019年現在では、今後も価格は上昇傾向に向かっていくといわれています。先述のような雇用の安定性等から、仕事を求めて北海道の他市等から札幌市に来る人が増え続けている事や、外国人観光客向けの商用地の需要も増えている等、地価が上がるような環境が多数あるのが札幌市の近年の特徴です。さらにそうした傾向を見越した国内府外の投資家が、札幌市の物件に投資をしたいと考えるようになったのも地価を上昇させる要因になっています。そして、札幌市の主要産業の一つである観光面ですが、おおむね好調な中に一つの不安要素があります。それが、札幌を本拠地にしていたスポーツのチームが、札幌のドーム別の場所に本拠地を移転してしまうという点です。今まで、このチームの試合がドームの経営の核となっていたため、移転後の魅力的なイベントを、官民一体となり今から模索しているようです。
Tagged on: ,apclo-inc